「糸より機」を作りました。

日本刺繍の作業に入る前に、「糸作り」をしなくてはなりません。

それは「染色」であったり 「糸巻き」であったりしますが、
「糸より」が大変重要なのです。
技法に合わせて、デザインに合わせて 表現に合わせて 糸の太さを変え
「より」加減を変えるのです。

両の手をこすり合わせて「糸をよる」のですが、これがなかなか曲者で、
何本よっても同じより加減で仕上げるには相当の経験がいるのです。


このヨリ加減を揃えることが 出来上がりの「綺麗さ」に連動しているのです。
ここが、この「より」の厄介なところなのです。



そこで、下記のような より機を 作りました。

わたしはもう5年もまえから使っていましたが、不都合なところがいくつかありましたので
それらのところを改良しました自信作です。




[下より]は2本のフックにそれぞれ糸をかけて時計回りの逆(9時の方向)に回転させます。
120cmで50回ほど。


[上より]は下よりのできた2本の糸を、1箇所のフックにまとめて 時計回りに(3時の方向)30回ほど回転させます。

これで完成です。
120cmの長さの糸がよれました。
 
より上がった糸を、ちょっと 引っ張って 気合を入れてやってください。

「シャッキッ」としよります。




ご覧のように、両膝で挟んで固定します。
ここが、ポイント ですね。



240cmの糸をこのように<の字に金具に引っ掛けます。
(片道120cmです)

その時 糸の末端を結んで「コブ」を作っておくと金具から抜けることがありません。
この、末端の結び目 が第2のポイント です。


刺繍は素朴な技法ですが、ちょっとした工夫で効率よく仕事ができます。

60cm程の切り使いをしますので、「糸より」もその倍数の長さの糸で「よる」といいでしょう。

糸の長さで回転数がかわります。
何回か試しをして一番良いところを発見してください。

道具も使いこなさなければ値打ちも出ないし自分の物になりません。



冬になって手が乾燥したとき、何本も同じ糸が欲しいとき、

「重宝」します。 
それに構造が単純で手動ですから 壊れません。

いいですよ。

私の「一押し作」です。


これで 「刺繍台とより機」を作ったことになります。


「糸作り」というタイトルの取扱説明書付きです。



まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

刺繍糸の整理とバーレスク

一日がかりで刺繍糸の面倒を見ていた。
毎年途中で「こんなところでいいか!」と投げ出すのだが
今年は最後までガマンした。
疲れた。
70ある引出をすべて画像に納め
ファイルにまとめようと考えている。



年末の買い物もあるので町中へ。
今年最後の映画「バーレスク」観た。
よかった!一年の締めくくりに観る映画としては最高だった。
歌も良かったしダンスも迫力がり綺麗だった。



年末年始の休業です。
来る年もどうかよろしくお願いいたします。
明日辺りからお天気は荒れ模様とか、
インフルエンザも流行のきざしとか
くれぐれもお大事に。



まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

練り終了

刺繍糸の練りが終了した。
昨年の経験から合理化出来るところは手早く短時間で
出来るようになった。
経験を積むことは作業が早くなっていいのだが
思わぬ結果に再検討が必要なところがある。
何でもそうだが、長い年月をかけて
「これなら良し」と一番良い方法を導き出して
受け継がれてきたものだから
そう簡単にできるものではない。
出来上がった刺繍糸は綺麗な艶のある
しっかりした糸でした。
銀座もとじさんブランドの「プラチナボーイ」という
蚕からの刺繍糸です。



まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

21中生糸の合糸

なんとか、12本で合糸を完了。14綛 作ることが出来ました。
14綛(1綛500m)総量225gです。
これから練りをします。
昨年は一綛ずつ練りをしたのですが、昨年のデーター
が保管してあります。
今年は一度に全部を練ってみようと思っています。
成功すれば時間の短縮になります。
しかし合糸は大変でした。
21中は細すぎて見えません。
切れても分からないのです。
分業のよいところはその道その部署の専門家を作ることが出来ることです。
経験のない者が手がけると、
ロスと言いますか、無駄な損失が多く出ることです。
私にとって使い勝手のよい糸が出来ることも
品質のよい糸が作れることも間違いがなく
良いこともあるわけですが、時間がかかります。

まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

21中って?

と。質問がきました。
勉強不足で申し訳ないのですが、私も詳しくは分かりません。
このようなときネットは大変便利です。
色々なサイトを覗きながら聞きかじりの知識を摺り合わせました。
デニールは糸の太さの単位なんです。
0、005gで450mあれば1デニールなんです。
蚕がはく糸の太さは2、8〜3デニールなんです。
自然のものですから太さは均一ではないのです
21デニールの糸を作ろうと思うと、蚕がはいた糸7〜8本
をまとめて1本にしながら巻き取っていくのです。
天然のものですから多少、太いところや細いところがあります。
20デニールのとこや22デニールのころもあります。
だけどだいたい21デニールです。
中を取って21デニール  
「21中」と呼んでいるようです。
「だいたい21デニールです」と言う意味です。



これを12本合わせて1本の刺繍糸にします。
84頭〜96頭の蚕がはく糸で1本の刺繍糸が出来ています。
(蚕は家畜と言う扱いですので「頭」で呼びます)
12ですから2でも3でも4でも割ることが出来ます。
あんまり細い糸は使いませんが・・・・・

ちなみに
デニール」という単位は、
東洋の絹がローマのデナリウス銀貨の重さで取引されていたことに由来するそうです。


まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

刺繍糸作り

21中の生糸、12万メートル。
これを小枠に12等分、約1万メートルで、半端が少し出た。
この作業は、手動では無理なので、
古くからの友人の「下村撚糸」にお願いをした。
12本合糸で、刺繍糸をつくる。
一綛500メートルにするので、
計算では20綛ほど出来る予定。
(そうはいかないだろう。やってみなくてはわからないが・・・。)
その後、練りをして、例の柳の樹皮で染めて完成。


まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。
ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります