熱い 暑い 夏がやってきました。 

光跡ー6 今回も下絵ですが 投稿します。 時間を取るのが なかなか難しくって 刺繍までできないのですが、 「光跡」 6 の 設計図 と言いますか 下絵と言いますか デザイン です。 交差 光跡 螺旋 と直線の移動による構成で 刺繍と言う技法で「一針の 糸 渡…

螺旋ー4

螺旋―4 今回も 下絵 (デザイン)の段階だけど 投稿します。 なかなか 時間が取れなくて 刺繍まで到達しないのだけど この状態は しばらく続きますが悪しからずお付き合いください。 上賀茂社家町の東のはずれに 樹齢500年の立派な楠がある。 この時期 南…

光跡ー5 の 下絵

交差 螺旋 光跡 と着物への刺繍と違った表現をパネルで発表しているのだが 一寸時間が取れなくて 刺繍作業 まで到達していない。 「下絵 デザイン」 (ほぼ設計図) だが しばらくはこれで我慢しよう。 昨日 第48回日本伝統工芸近畿展 が終了しました。 そし…

交差ー27

桜も葉桜になって 緑が清々しく感じられ、ウグイスもいつの間にか山に帰ったようで 気が付くと四月も残り少なくなりました。 「平成最後の・・・・」をよく聞くようになり時の移りの速さに戸惑っています。

花粉が半端でなく無慈悲に襲ってくる。

発作的に爆発する クシャミ 滝のような 鼻水 今年は参っている。 交差ー26 主観的感覚だけで処理されていた造型に 数学的原理を持ち込み 試行を重ねている。 2本の直線上の「点」を数学的に配列 その2本線の角度によって 点と点を結んだ線の交差が様々な「…

伏見 羽束師橋 まで 輪行

あまりにもいいお天気だったのと、永らく工房に引きこもっていたので たまには太陽光線も浴びなくては(日光消毒のつもり)と愛車のブリヂストンのマークローザで輪行(この言い回し覚えたて サイクリングのこと)ちょっとそこまでのつもりがついつい意地に…

刺繍糸の注文を受けている

通信を基本にしながらも 刺繍教室を続けている。 一定の期間を過ぎた人は作りたいものを作っている。 着色デザインを描いて 配色を決めて 刺繍糸を選んで、 足らない糸は注文をしてもらう。 その時 下記の画像のように 必要な色の 色見本を送ってもらう。 2…

交差ー25

「はてな ブログ」が新しくなった。 新しくなって 様式とか デザインとか 文字の入れ方とか 戸惑うところが沢山あって うろうろしている。 良く分からない。 私が62歳ごろの時だった。 意を決して そうだ!「ブログ」しよう!!。と 思いたったのが2008年4月…

光跡ー4

今日は寒かった。 粉雪が舞って そのうち みぞれになって 冷たかった。 ちょっと着替えて 今年初めての 外回り。 染屋さん 整理屋さん 地直し屋さん 絵羽屋さん などなど 新年のご挨拶もかねて加工出し。 本年もどうかよろしく。 光跡ー4を投稿。変に飾り立…

73歳の誕生日を迎えられました。

お陰様で 73歳 になりました。別に 無理をしたわけでも 意地になったわけでもないのですが・・・・・・ ホントに 無事にこの日を迎えられて 有難く思っています。 ありがとうございます。年末に幾つかの 喪中はがきを頂きました。 100歳で・・・とか 93歳で…

謹賀新年

ここ 上賀茂は 風もなく 暖かな日差し で 穏やかな 新年を迎えております。 比叡山が どっしりと 構えているのが 工房の東の窓から見えるのです。ちかごろ 歳のせいか 昔のことを 若かった時のことを 時折思い出すようになって 熱くなったり 悔いたり 苦笑い…

今年も残り2日

年末寒波 で 上賀茂もうっすら雪化粧。 27日に仕事納めして ちょっと 念入りに 掃除 それでも 昔に比べれば 案外手抜きで 大掃除は もっと温かい時にしましょう。って 勝手なこと言いながら この一年御疲れ様でしたと ほっと一息ついています。 28日には佐藤…

交差ー24

私は いつも 着物や帯 羽織 といった 和装品 を作っている。 きもので言うならキモノの中でこそ映える デザイン 構図がある 一枚の絵ではなく 着物を広げて 衣桁にかけたときのあでやかさ そして身につけた時に引き立つ女性の美しさ それを着た人の 立ち居振…

お知らせです 「すてきにハンドメイド」

NHKテレビテキスト「すてきにハンドメイド」にて連載されている「美しき、にっぽんの染めと織り」。 現在発売中の12月号では、日本刺しゅうが取りあげられています。実は 私の仕事の様子を紹介していただいているのです。 これまで、こういう分野にはあまり…

交差ー23

一針の糸を交差さしながら 一定の法則で移動させていく。この方法で 「色と形」 を 追いかけていく。2年ほど前から 挑戦しているのだが 毎回 あ〜でもない こ〜でもないと 「構築と構成」 繰り返して とうとう 23点目になった。 一作品ごとにタイトルをつけ…

第65回 日本伝統工芸展 大阪展

11月7日より 大阪難波の高島屋 7階 催事場で 第65回日本伝統工芸展 が開催されます。 お時間ありましたらどうかよろしくお願いいたします。 日本工芸会 近畿支部が主催者側ですから 陳列 撤収のお手伝い しなくてはなりません…私も 其の要員ででかけなくて…

交差ー22

秋も深まって 時代まつりは昨日で いいお天気でした。第65回日本伝統工芸展 京都展が 高島屋百貨店7Fグランドホールで開催されていて 昨日が 千秋楽 でした。 そして 搬出撤収 なのです。この会場は 日本工芸会近畿支部の担当で 私も 撤収のお手伝いに・・…

彼岸花が咲いて

やっと 涼しくなりました。 この 2.3日本当に凌ぎやすくなって その代わり 日が沈むのも早くなりました。この前の日曜日に 彼岸花を見つけて 秋を身近に感じています。そう言えば 今日19日は 第65回日本伝統工芸展が 日本橋三越で開催されて 今日が初日…

65回 日本伝統工芸展

今年も 日本伝統工芸展 が 始まります。東京日本橋の三越本店 本館 新館7階催物会場 です。この後 名古屋 京都 金沢 大阪など 全国 12会場を巡回します。工芸会のHPアドレスです。詳しいことが分かります。 www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/honten/65 私…

交差ー21

今年の夏は暑かった。 ちょっと参った。 歳のせいかこの異常気象か・・食欲だけは落ちないし 時折 牛が食べたくなるから まあ〜〜大丈夫なのだが 疲れが抜けない。昨日 ものすごい勢いで 台風21号が近畿を北上していきました。 我が家も少し揺れまして物干場…

五山の送り火

お盆の16日 五山の送り火 今年の夏もボチボチお終い。 この後 町内ごとに 地蔵盆があって 夏休みの宿題が気になってしょうがなかった。そんな8月の終わりの遠い記憶の断片。 2Fの物干しから 送り火の 舟形 が見える 今まで見えなかったなのに 今年になって …

「交差ー20」 実に1年振りの投稿

交差は1年ぶりの制作で ず〜〜っと気になっていた 「 円 」なのです。 この刺繍の構造上、なにかと制限と限界がありるので、 あまり大きな画面での制作は無理なのです。 画面を大きくしようとすると 連作として展示で繋がなくてはいけないのです。そんな構成…

久し振りに東京まで

1月の終わりにも東京へ行ったのですが その時は 日帰りで バタバタ して さっさと帰ってきたのです。 今回は仕事で行ってきたので カッコよく言えば 「出張」 で、 23日から25日まで 2泊3日の旅でした。私にとりましては、めったにない出来事で いつもは上賀…

いいお天気だったので

このところ ちょと 引きこもりで 上賀茂の工房 から 出ない日が続いて 久し振りに 一段落でそれでは と 運動と日光消毒を兼ねまして 頼りになる ニコンを 持って。 上賀茂 御薗橋をスタート地点にして自転車で 賀茂川河川敷を南下。桜も咲いていまして もう…

第64回日本伝統工芸展 大阪展

大阪展が明日16日から 大阪難波 高島屋7Fグランドホールで開催です。1週間ほど前から 咳がでてガラガラ声で インフルエンザではなかったのですが軽い 気管支炎 らしいのです。「老人性肺炎や」とからかわれていますがなんとか食欲もあって睡眠もちゃんとと…

銀の光と色が気になって

北陸ではまた大雪と予報している 京都はいいお天気だった。 青空と暖かそうな太陽のひざしと。 ちょっと出かけるか〜〜と自転車に飛び乗って岡崎の 細見美術館へ開館20周年の記念展で「伊藤若冲」昔の人の作ったものとか書いたものとか 人のしたことは あま…

新しい年の幕開け

新年のお慶びを申し上げます。 除夜の鐘が何処からともなく聞こえています。 お陰様で 穏やかな新年を迎えることが出きました。 有難いことだと思っています。 昨年は大変お世話になりました。 今年も相変わりませずどうかよろしくお願いいたします。 まいど…

インスタグラム 画像投稿サイト

昨年の8月19日から 第一作を投稿して 色々な方の投稿を見せてもらって 風景とか動物とか・・ とにかく 画像が綺麗で多岐にわたっていて 世界中の人たちと繋がって 私は刺繍ですから おのずと 刺繍の方や物作りの方がおおくなるのですが・・・今日 12月…

お陰様で仕事納め

年内の営業を終了いたしました。な〜〜んてことを言うと ちょっとカッコええのですが佐藤と2人の工房ですから もう お終いにするか !! そんな感じの仕事納めでした。それでも 入念に掃除をして 手付かずになっていたところもゴソゴソ触って。 要らないも…

花SaKU 2018年1月号

今年6月6日に 佐藤未知を 取材して頂きました。そして 其の業界紙 花SaKU 2018年1月号が 完成しまして 送られてきたのです。和の生活マガジン「はなさく」睦月号 株式会社PR現代 発行の業界紙 なのです。 古都京都 女性職人が受け継ぐもの そんな特集…